シミをしっかり撃退【デリケートな肌問題も美容整形で美肌変身】

ウーマン

使い分ける事

笑顔の女性

肝斑とは違う治療

女性が悩むシミにはいろいろな種類があります。両方のほおのあたりにうっすらとしたシミができる肝斑は、30代から40代の女性に多くみられます。一方、20代でもみられる太田母斑様色素斑は、一見したところ肝斑やそばかすなどのシミとよく似ています。太田母斑様色素斑は医学的にはあざの一種ですが、見た目はあざというよりシミのようで、患者本人はもちろん、ときには美容整形外科医であっても経験が浅い場合はシミと間違えることがあります。シミでもあざでも美容整形なら同じような処置をすると考えられがちですが、肝斑と太田母斑様色素斑とでは治療法が全く異なるので注意が必要です。肝斑の治療には、レーザートーニングという治療法が向いています。レーザートーニングは、通常のシミ治療に用いるよりはるかに弱い出力のレーザービームを照射するという方法です。肝斑に対して普通のレーザーでは刺激が強すぎて逆効果になってしまうため、その点を改善して開発された方法です。しかしこのレーザートーニングは、太田母斑様色素斑に対しては効果がないとされています。経験の少ない医師の場合にはこの太田母斑様色素斑を肝斑のようなシミと誤解して、レーザートーニングを使って整形治療を行ったため効果が出なかったというようなことも実際に起こっています。このような場合でも、経験と知識の豊富な医師のいるクリニックに行けば。Qスイッチレーザーというレーザーを使って正しい整形治療を行うことができます。このレーザーは出力が高いので、太田母斑様色素斑もきちんと治すことができるのです。

色素沈着を改善

一般にシミに対する整形治療でレーザー照射を受けると、施術した箇所に後で炎症が起こることがあります。これはレーザーの出力が高ければ高いほど起こりやすいもので、炎症後色素沈着と呼ばれる現象です。レーザー治療は多くの場合1回では終わらす、数回に分けて照射が行われます。炎症後色素沈着はもともとあったシミより目立つことも多いので、治療中の女性にとってショッキングなものですが、この炎症は時間が経つにつれて鎮まり、色素斑もしだいに薄くなって消えていきます。したがってできるだけシミをきれいに消すためには、ある時期にこの炎症後色素沈着が現れることを承知した上で十分な量のレーザーを照射する必要があります。ただ最近では、シミの濃さにもよりますが炎症後色素沈着を最小限に抑えることのできる方法が考案されています。それはフラクショナルレーザー法というものです。これはレーザーをスポット状に照射してごく微細な穴を皮膚に開け、皮膚が持つ再生能力を利用して健康な皮膚を再生するという方法です。フラクショナルレーザーの機器にはいくつかの種類があり、それぞれの美容整形外科では各自最適と考えられるレーザー機器を導入しています。照射するマイクロレーザービームが極細であるほど、皮膚への痛みなどの刺激が緩和され、ダウンタイムも少なくすることができるとされています。